img_5798.jpg

2019秋冬新色トレンドヘアカラー。ナプラのオリーブグレージュとベリーショコラと4LVを染めてみた

こんにちはTHEORDERの四宮です。img_4450.jpg

 

今回も定番コーナーのヘアカラー新色紹介です。紹介する2019秋冬の新色はこちらですね。

ナプラさんから発売されますオリーブグレージュとベリーショコラ、そして新しい4LVの薬剤を紹介します。

ナプラ ナシード オリーブグレージュ ベリーショコラ

ナプラさんのナシードと言えば美容業界でも人気のカラー剤で、

僕自身もナプラさんの講習のお仕事をする事が多く普段からナシードを使ってカラー講習する事も多いですが、

様々なサロンさんに講習にお伺いすると使用されているサロンさんも多いです。

今回も実際に染めてみてどんな色なのか検証していきます。


新色は2色と低明度の4LVが展開


今回はの新色はラインナップが幅広いです。

  • 完全新色の2色、オリーブグレージュとベリーショコラ
  • 既存の色の4LVの明度のカラー剤4色

が発売されています。ナシードは新色が定期的に発売されかなりラインナップが広いですよね。

img_5785.jpgこんな感じにチャート表もかなりのボリュームです。

4LVのラインナップは、

  • ナチュラル
  • ブルーアッシュ
  • モノトーン
  • フォギーグレージュ

の4色展開です。使いやすい定番の色味で展開されています。

今までは低明度をつくr時に幅が狭かったのがこれで一気に広がりますね。


では実際に染めてみよう


いつもの様に明るさ違いの毛束を実際に染めてみてどんな色に発色するのか検証していきます。

  • ブリーチを繰り返した15LVと17LVの毛束を染めます
  • 放置時間は20分。オキシは6%を使用します
  • ドライヤーで乾かした後アイロンで熱への対応力も見ていきます

と言った内容で検証していきます。

ナプラ ナシード 4LV 新色

最近の傾向として高彩度で低明度まで表現できるカラー剤が人気です。

ナシード 新色 

(グラデーションカラーの表現の幅の対応やブリーチした髪に色味が表現できるかが求められる為。)

こうやって時代に合わせたカラー剤が発売されると共に世の中のヘアカラーも少しづつ変化してSNSのヘアカタも変わっていくのです。

今回6LV以下のカラー剤が4色発売されましたが、6LVまでだと暗さが足りなかったりブラウンや白髪染めなど残留がしやすいですからね。

では実際に染まり上がりを見ていきましょう。


実際の染まり上がりを見てみよう


こんな仕上がりになりました。

img_5798.jpg

まずは新色のオリーブとショコラを見ていきます。

オリーブグレージュ ベリーショコラ ナプラ

感想としては、

  • 両方とも深みのある色味の仕上がり
  • 高彩度で両方の明るさの毛束も色味がしっかりと表現されている
  • オリーブは少し青みがかったカーキと言った印象

とった印象です。今までのナシードではありそうでなかった色味ですね。

では今度は4LVの薬剤の方を見ていきましょう。

ナシード 4LV

こういた感じになりました。感想としては、

  • 4LVと言うだけあってしっかりと明るさをダウンしている
  • 色味自体も幅広くグラデーションも作りやすそう
  • 暖色がラインナップとしてないが根元にあまり使うケースはないので良いかなと。ただあると嬉しい

今までのナシードだとここまで色のバリエーションのある低明度が無かったので嬉しいですね。

グレイカラーなどやブラウンで根元のグラデーションを作ると後々明るくしたい時に邪魔になりますしね。

お客様目線だと黒染め位の明るさをする時も色味を楽しめる暗めのヘアカラーが出来るようになったので、

学生の方にもニーズがあるカラー剤かなと思います。


今回のまとめ


今回はナプラさんのナシードカラーの新色を検証していきました。

img_5798.jpg

各メーカー自社ブランドで今のニーズに合ったカラー表現の幅を作る為高彩度と低明度表現のカラー剤が多く登場しています。

既存のファッションカラーの5~6LVだけでは今のグラデーションは表現しづらいですし、

ブリーチを繰り返した髪のトーンダウンや黄味が残っている15LV前後の髪をしっかりと彩度を出すには、

通常のファッションカラーではどうしても彩度を出すのに明度が必要になってしまいます。

各メーカーで競って幅がどのメーカーでも広がるのは、サロンで使えるカラー剤が決まっているサロンさんからすると嬉しい部分です。

良かったら参考にしてみて下さいね。