img_3803.jpg

ヘアカラーQ&A。ホワイトアッシュするならこの薬剤!秘伝のオススメホワイトブリーチの薬剤をまとめてみた。2019年版

こんにちはTHEORDERの四宮です。

img_3558.jpg

ホワイトアッシュはTHEORDERでも目玉商品で日頃多くのお客様がホワイトブリーチをされにご来店されます。

(元々コンテストでブリーチのカラーを色々研究した所から得意になりました。)

このホワイトブリーチやホワイトアッシュは難しい事で知られるヘアカラーで、

どうやったらこういう色になるの?と美容師さんにも講習やSNSで質問される事が多いです。

ホワイトブリーチ 名古屋

そんな秘伝のたれともいえるこのホワイトアッシュの作り方の最新版を書いていこうかなと思います。

(ブログの前のあなた・・・いいですか・・・絶対内緒ですからねぇぇ・・・)

本当にこの質問が美容師さんからの質問でダントツに一番多くて、せっかくなのでブログにまとめます。


ホワイトアッシュにする時におススメのヘアカラー薬剤まとめ


ホワイトアッシュと言ってもカラー剤の種類は様々な物を使用します。

img_3545.jpg

昔に書いた今でも読まれるホワイトアッシュの作り方のブログなんですが、

実はかなり進化して今ではその時の薬剤をほぼ使っていません。

(比べると分かるのですが、色持ちも色の綺麗さも新しい薬剤の方が綺麗に染まるんですね。)

カラー剤が進化した事で薄くても綺麗に尚且つ透明感やムラが目立ちにくいようになったんです。

そんな最新のホワイトアッシュの作り方も色味のバリエーションが沢山あります。

薬剤を選ぶポイントとしては、

  • 薬剤の染まり方が安定してダメージしている部分にも染まる
  • 薬剤は色通しを混ぜず調合でぶれないようにする
  • ブリーチの回数が違う場所も馴染むように染まる
  • 退色の仕方も綺麗、尚且つ色が次回までに残りにくい

この部分が薬剤選びで重要になります。

似ているようで全然違うバージョン違いのホワイトアッシュを紹介します。


何よりホワイトにする時におススメなオルディーブのフォギーグレージュ


もう白くしたい・・・そんな方におススメなのが・・・

img_3803.jpg

 

このフォギーグレージュです。

こいつは本当に純粋な色を出してくれやがるんですよ。いやもう名作中の名作。

染めたお客様の色は、

もうめっちゃ白~いぃぃぃぃ!!もう本当に綺麗!!と自分でも思いますw

 


View this post on Instagram

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

混ざりっ気のない純粋な白・・・そんな表現が似合うカラー剤です。

真っ白にしたい時には色々な種類の薬剤を使用しますが、 王道で安定して使いやすいのがこのフォギーグレージュです。

開発した人もこんな使われ方をするとは思ってもいないと思いますが、

このフォギーグレージュが変な色味が混ざらない純粋な白を表現してくれます。

実際に染めたお客様だとこんな感じの色味です。 何より白っぽくしたい!!という方におススメの薬剤です。

他にも塩基性なども使用しますが、カラー剤だけあって色持ちとベースの馴染ませは抜群です。


 

薄い紫が素敵なアディクシーのシルバー

 


紫入れたいけど・・・ 境目はみ出ると紫に・・・・  

ならない!!!

ホワイトアッシュ 染め方

そうならない! シルバー!!!

あんたなんでならんの!?と言う位絶妙なホワイトを作ってくれる新世代のヴァイオレットホワイトと言えばこのシルバーです。

もうアディクシーカラーはこのシルバーとサファイアが名作オブザ名作すぎて教科書載ってもいいんじゃないですか!!

と言う位時代を変えたカラー剤です。(僕の中で。)

とまあ切り替えまして・・・


View this post on Instagram

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

次に好きでよく使用するのがアディクシーカラーのシルバーです。

紫味が程よく配合されながらもブリーチの回数が違う境目も綺麗になじませてくれる優れもの。

紫味が少しブリーチが甘くても黄色っぽさを綺麗に抑えてくれます。

ブリーチの回数がダメージや時間、予算的にあまりできない方におススメな薬剤です。

多少紫身に入れても退色の仕方も綺麗に白っぽいベージュに抜けるのもポイント高いです。


上品なベージュ感のあるサファリ


こいつとの付き合いはもう5年になりますかね・・・

もう古株?いやいや俺はまだ・・・イルミナまだまだいけると思っているぜ。

img_4790.jpg

そう・・そんな名作がサファリです。

最初は黄色っぽく残ってしまうのでお前はまだ時代より早く出過ぎてしまった・・・

と今の流行にぴったりなブロンドと品の良さ・・・

そう!!品の良さ!!

この上品さが癖になると言えばサファリです!!なんかサファリって名前が何色か分かりにくいサファリです。

ある明度を超えると一気にホワイト感を絶妙に繰り出すこの暴れん坊な名作も使いこなすともの凄い綺麗です。

いやはや明度が低いと赤味でる?

は?

もう一回言いますね。

はぁ!?

そんなあなたはサファリを何もわかってない!?

こいつは明度が必要なんすよ!!明度があるとこれまたきれいな事。

さて切り替えまして・・・


View this post on Instagram

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

グレーすぎない色味の方が苦手じゃない。という方や大人の女性におススメなのがイルミナカラーのサファリです。

基本の色がベージュなのでそこまで激しいグレーにもならず、そこに柔らかさのあるベージュが品の良さを表現します。

大人の女性ではあまりグレーすぎると激しすぎて似合わせが合わない時があるので、

こういった上品さのある色味が求められます。イルミナカラー特有のダメージの少なさとツヤ、そして色持ちの良さも特徴です。

グレイヘアーを綺麗に染める為の薬剤としてもおススメです。


 

透明感のある青味のイルミナカラーのオーシャン

 


オ~シャン♪といつもBzが流れてしまうそこのあなた。

img_4789.jpg

誰もがこのイルミナオーシャンで一度は連想した事があるでしょう。

そう!! オーシャンです。海みたいな色やでぃぃ~!!という事でオーシャンと言うらしいです。

(ちょっとお客様に色の名前説明する時に少し恥ずかしい。)

最後におススメするのがホワイトアッシュのアッシュを表現してくれるのがこのイルミナカラーのオーシャンです。

いわゆる少し青っぽいホワイトを表現してくれます。


View this post on Instagram

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

このヘアカラーにおススメなのがこのオーシャンなのですが、そこまで青すぎずしかも緑っぽくもならない優れものの青です。

濃いブルージュにする際は他のメーカーの物を使用するのですが、淡い色となると濃すぎるブルーを使うのは加減が難しいんですね。

その為淡いぐらいのオーシャンが優れているのと、イルミナカラーなので質感も綺麗と言う訳です。


今回のまとめ


久々にふざけて書きましたが今回はここまで。この薬剤の話になると僕は1週間程話せる位カラー剤の話を書くとブログが終わりません!!

いわゆるカラーマニアなのですが今回はこの4種類までにして好評そうならまた更新します。

今回は秘伝のたれともいえるホワイトアッシュの作り方の薬剤を紹介していきました。

薬剤が少し違うだけでホワイトアッシュは様々なバリエーションに広がります。

これと同じくらい重要なのは、

  • 綺麗なムラのないブリーチ
  • クリア剤でちょうどいい濃さに薄める技術
  • ブリーチを綺麗に塗れる塗布技術

等が必要になってきます。こちらも興味がありましたら過去のブログにまとめてありますので。

ホワイトアッシュは難しいですがこだわって色が決まった時にはホントきたぁぁぁ!!

とお客様と一緒に感動してしまう位むじかしいけどやりがいのあるヘアカラーです。

髪が痛む?えぇ痛みます!ただ今はプレックスのケアブリーチと優秀なホームケアがありますので、

痛むけど昔より全然綺麗に染まります!!でも痛みますwでもそのダメージを越えたところにロマンがあるのです。

良かったら参考にしてみて下さいね。