img_8305.jpg

こんなにブリーチの境目が綺麗に!!ホワイトアッシュが伸びた後に綺麗に染める方法

こんにちはTHEORDERの四宮です。

img_8242-1.jpg

皆さんいつも使っているこの写真・・・色々な秘密が隠されているのはご存知ですか・・・

写真を見るとよくわかりますが僕はサイドから前髪を持ってこないと・・・そろそろ限界です・・・

こうやって・・・みんな・・・バーコード頭になっていくのか・・・といった気持ちが理解できるようになりました。

おでこだす・・・ってタイミング死・・活・・問題・・・

それはさて置きまして、

春にかけて思い切ってヘアカラーをチェンジする方が増えてきました。

今日SHIMAの方々のスタッフの髪見て今度は薄いピンクヘアカラー綺麗だったので研究して攻めていこうかな・・・

色持ちよく濃く入れるって考えですが、薄く淡いカラーでも痛ませずマメに染めるってのも良いなと。

そんなハイトーンばかり染めているTHEORDERですが特に人気なのは引き続きブルー系のヘアカラーです。

ブルージュ 名古屋 美容院

こういったヘアカラーや、

こんな感じのヘアカラーですね。うぅ~ん・・・青い。

こういったお客様に共通することが、

継続してハイトーンのヘアカラーを続けている事です。

という事で今回のテーマは、

ホワイトアッシュを伸びても綺麗に染め続ける方法!!

ってテーマでお送りしたいと思います。

こちらの動画では実際にお客様でホワイトブリーチを活かしたヘアカラーをしています。

分かりやすくお伝えしできる様に久々にyoutubeにて動画を更新しましたので動く四宮もお楽しみください。

①伸びたプリンを活かしてあえてデザインに活かすヘアカラー


意外に根元をブリーチし続けるヘアカラーも綺麗ですが最近は根元を締めたハイトーンカラーがお洒落だと思ってます。

実際のお客様は色々な状態の方がご来店されます。

今回のビフォーはこういった感じです。

img_8334.jpg

サロンワークはきれいな黒髪からブリーチすることの方が少ないですからね。どんな状態からでも綺麗に染めます。

ブリーチした後のヘアカラーっどうするか悩まれる方も多いかなと思います。

ではアフターはどんな感じかと言いますと・・・

こんな感じに綺麗に染めることが出来ます。意外に自然なんです。  

根元から明るいのはカッコいいんですが、いかんせん似合う人を選びます。   根元もすぐ目立ちますしね。じゃあ根元活かしてデザインにしちゃう?ってのもありかなと。   という事でまずは根元を残すポイントです。 根元をブリーチで染めなくていいからダメージがそこまで進行しない 

  1. 伸びてきても根元が目立たない
  2. 毎回時間がかからずハイトーンのヘアカラーが楽しめる
  3. 根元を暗めにすることで肌に馴染ませて似合わせの幅が広がる

などがポイントとしてあげられます。    

 

根元が伸びても意外に写真の様に意外に自然になるんですよね。

 

 今はブリーチの部分も黒髪と馴染ませて染めれるので、

こんな感じにあえて残すのもオススメです。

ちなみにまた染めたくなったら根元をブリーチするってのも全然できます。

②根元を染め続けるブリーチもオシャレ、でもメンテナンスはマメにした方が綺麗


  じゃあ根元って染めないヘアカラーは?ってなりますよね。 根元をブリーチするヘアカラーもお洒落ですから。  

根元からワントーンはこんな感じです。

ではここで根元をブリーチするヘアカラーのポイントもまとめてみましょう。

  1. 根元から明るさを作るとやはりヘアカラーにインパクトがある
  2. 印象が柔らかいヘアカラーに
  3. 根元が目立つのでマメに染める方が綺麗を保てる

などのポイントがあります。やはり根元が明るいと印象がかなり強くなります。

根元が明るい分ファッションとの似合わせが重要なのと、

根元も明るくする場合は境目が目立つのでマメに染めた方が綺麗を保てます。

明るめに染める場合も全体の退色が早いので紫シャンプーやマメに染めたり痛まないようにケアも重要です。

③今回のまとめ


いかがでしたでしょうか。動画では実際に根元が伸びたお客様を綺麗に馴染ませてヘアカラーしています。

このヘアカラーはアディクシーカラーを使った馴染ませたヘアカラーでホワイトブリーチを綺麗にしています。

サファイアを単品で塗るサロンは中々ないと思いますが、発想を豊かに色々と使い方を広げるとデザインの幅が広がります。

髪の長さを伸ばしている方はダメージさせない事も重要ですから、

ヘアカラーのサイクルやブリーチの頻度などを調整してあげる事はとても重要です。

良かったら参考にしてみて下さいね。