img_7139.jpg

129種の時給職種別ランキングで理、美容師は一体何位でしょう?古い考えを捨てて新しい働き方を考える

どうもTHEORDERの四宮です。

昔はバイトで餃子焼いたりw-indsのコンサートで人間バリケードで必死に抑えて前列のファンに目で殺されかけた経験があります。

世の中にはいろいろな仕事がありますね。

それはさて置いときまして、

今回は美容師向けの真面目なブログなので、一般の方はちょっと微妙な内容です。

今回は美容師の労働時間や報酬に対してのお話です。

読まれた方はへぇ~そうなんだって感じになると思います。

あくまで僕が考えるのはこうだよってだけで、色々な美容師さんの考えがあると思うので先にあしからず。

色々な考えがある事は悪い事ではないですから。

では本題に。

年明けと言う事でTHEORDERの1月は毎朝新年の方針MTをやっています。

一応お店のオーナーなので今年の方針やビジョンなどを具体的に行動計画や目標などを決める会議です。

その中で使った資料の中で、

今月号のプレジデントがあります。

img_7139.jpg今回はこの記事に乗っていたお話です。

美容師の平均時給ってどれ位なの?


この記事の中に129職種別時給ランキングという特集が載っていまして、

様々な職業が時給に換算するとどれくらいの賃金になるのか?

っていうランキングが書いてありました。

ちなみに1位は航空機パイロットさんで、

時給が10339円です。

(2位の大学教授と約倍の差でした。)

当然美容師も載っている訳で、実際に世の中の職種の中で時間生産性ってどれ位なんだろうと気になる訳であります。

みなさん!!

多分美容師の方が読まれている方で大半だと思いますが、

ここで問題ですが、

美容師は一体何位でしょうか?

様々な世の中の職種が含まれている中で、

大体どれ位だろうって考えますよね。

 

ちなみに正解は、

 

 

 

123位!!

 

 

時給換算で1184円です。ちなみに国家資格の職種の中でこのランキングでは最下位です。

まあこんなものだろうなと想像していた自分と、

やはりそうなんだと現実を受け止め結構ショックな事実ですが、

ここから僕は何を考えたでしょう?

時間生産性の質を見直さないと美容師に先はもうないし、誰もなりたがらない


 

さらに追い打ちをかけるのが美容師の労働時間です。

時間に対しての生産性が低くてそれを埋めるために労働時間が長い。

正直悪循環ともいえるこの労働時間で埋めると言う考え。

かといって美容師が良くないって主張したいわけではありません。

美容師は正直良い仕事です。

僕も大好きですしやりがいもある素晴らしい仕事だともいます。

ただ夢では食べていけないし、生活もこれから少子高齢化での時代に、

この労働環境でどうやって介護の問題や雇用の確保をしていくのでしょう。

多分これからも美容師の数%の人は高所得で残る人もいるでしょうが、

ただ一部の人の成功例を夢見て人が付いてくる時代も古いと思うし、

残りの全体がどうやったら豊かになるかサロンで取り組んだりしたり、

少子高齢化を様々な視点から捉えて備えておく必要があるかなと。

これから少子高齢化って問題は業界ではよく聞きますが、

それってお客様に対してもそうだけど、

それだけその変わっていく環境の中で今までの古い考えや働き方を捨てて、

時代に合った美容師にの働き方や質を見直さないともう後がないって事だと思います。

(勿論昔からの伝統や本質など引き継いでいくものを大切にしながら。)

夢とやりがいと共に仕事の質や働き方について価値観を変えていく。

これからの人材が不足していく中で、

働き方に対してもっと柔軟に考える時代になって行くって感じてます。

長い時間を働くって美徳が時代遅れで古い、練習も仕事も結果で判断する時代


これって今までの価値観を変えてサロンの環境を作っていかなければと感じてます。

努力して長く練習する事は良い事です。

ただそれで何を身に付いたかの方が何倍も重要です。

どんなに作業的な練習をしても技術は上手くなりません。

努力で技術を磨く事は良い事ですが、

評価するべきはその頑張り方と

質の高い技術を短時間で身に付けた子を評価するべきだと思います。

時間を頑張ったから誉めるではその習慣はなくならないし、

長く働いていることを恥ずかしく思う位でないと古い習慣って無くならないと思います。

結果で仕事や報酬を評価したり、

質の高い働き方をしないと仕事の質って良くならない。

質の高い働き方はサービスや技術の向上にもつながります。

THEORDERでもどうやって質の高い仕事をしてお客様を綺麗にして喜ばせるか、

その方法として質の高い働き方を目指しています。

そんなことをどうやったらできるか?ってことを会議してます。

今回のまとめ


今回は真面目に僕のサロンで取り組んでいる考えをブログにしました。

書いたことの様に理想を語るのは誰でもできます。

良い事だけ言って結果を出さなかったり実行しないのはもっと質の悪い事です。

ただそういった勉強をしたり、価値観を時代に合わせ作っていくのがこれからの時代の美容師には求められるのではないかと思ってます。

技術だけ磨いている時代は終わって、もっといろいろな分野で勉強をして、

お客様の綺麗につなげていく。

視野を広く学ぶ事が必要なんじゃないかなと思います。

偉そうに書きましたが、僕もまだまだ模索しながら勉強して、

自分に言い聞かせ頑張っていくのみです。