img_4371.jpg

春から初夏にかけた透明感のあるヘアカラー。ハイライト編

こんにちは美容師四宮です。

今回はお馴染みのヘアカラー紹介のブログです。

春ヘアカラーも色々と載せているので、

今回はちょっと一色ではだせないハイライトを使った立体感透明感のあるフレンチセピアアッシュです。

ハイライトってどんなカラー?と思われる方もいらっしゃると思いますので、

まずハイライトのヘアカラーのポイントをまとめていきます。

①ハイライトで明るく見せると、全体を明るくするよりダメージを抑え明るくできる。
②ハイライトの部分は透明感のある色味になるので、全体が明るすぎないヘアカラーでも透明感が出せる。
③色の明るさが混ざる事により立体感が出せる
④根元が伸びてきても、一色で明るくするより色々な明るさのプリンの境目になるので目立ちにくい。
⑤どれ位の明るさのハイライトにするかによって、次回のヘアカラーの時にまた活かせる様にもできるし馴染ませる事もできる。

一色では出せないメリットがこんな感じになります。
髪の状態や元々の全体の明るさによってはローライトの方が良い場合もあるので、やりたいヘアカラーに合わせて美容師さんと相談するのがオススメです。

では今回のヘアカラーを見ていきましょう。


巻いておろした状態ではナチュラルに毛先に動きがでる様になっています。

近づいて見てみましょう。

ハイライトを入れてから全体に色を被せたヘアカラーなので、

色味がまとまってハデすぎない感じにしてあります。

一見ナチュラルに馴染んでいても、


めくるとこの様にしっかりとしたハイライトになっています。

内側は髪の毛が重なりますのでしっかりとした太さのハイライトをいれ、

表面は見える所ですので繊細な太さでハイライトを入れています。

①おろした時は自然な透明感に。

②巻いたりスタイリングすると内側から立体感が。

この様にその時の気分に合わせてアレンジが効く様になっています。
今回はハイライトを使ったヘアカラーをご紹介しました。
一色では出せないヘアカラーが表現できるのがハイライトの魅力です。

髪の状態を見ながらやってあげれば一色のワンメイクよりも痛まず綺麗なヘアカラーにもできます。

これから春から初夏にかけて季節感を出すのにもお勧めです。
ハイライトをやった事がない方やこれからやってみたい方も、良かったら参考にしてみて下さいね♪