img_9871.jpg

ケアしながらブリーチできる!!2017,2018秋冬外国人風ヘアカラーまとめ

こんにちはTHEORDERの四宮です。

img_8242-1.jpg

これだけお客様をブリーチをしておりますが自分自身が人生でブリーチしたことがあるのは3回だけです。

ブリーチして歩くと顔がいかついので道がよく空きますよね。

それはさて置きまして・・・

今回は秋冬にお勧めのをケアブリーチを使った外国人風ヘアカラーを紹介していきたいと思います。


 

2017・2018秋冬お勧めのツヤのある外国人風ヘアカラーにできるケアブリーチ


 

前にも紹介しましたがこのブリーチをしながらケアできる処理剤なんですが、

発売され少しづつ知名度も上がりお客様でも実際にやられる方が増えてきました。

このブリーチをしながらツヤのある髪にしてくれる処理剤が流行ってきています。

発売されてから少し経ちましてどのサロンでも使われることが増えてきたこの系統のトリートメントですが、

THEORDERでもハイダメージの方やブリーチを繰り返す方に提案しています。

この処理剤はブリーチだけでなく普通のヘアカラーにも使えるのも特徴です。なのでツヤを出したい方にもお勧めしています

これによって本当にブリーチカラーが綺麗に更に艶やかに染まるようになりました。

このメニューをお客様で実際にされる方が増えてきましたが、

一般の方でもまだまだ知らない方も多いと思いますので改めて紹介していきたいと思います。


 

様々な種類があるケアしながらブリーチできる処理剤


 

このブリーチに混ぜるタイプの処理剤ですが様々なメーカーから発売されています。

代表的なものですと、

  • Rブリーチ
  • ファイバープレックス

この2種類が代表的なものになります。

ファイバープレックス 名古屋 美容院

メニュー名などはケアブリーチなど様々な名前で展開されている美容院も多いです。

アールブリーチ R-BLEACH 名古屋

元々海外でカラー剤に混ぜる処理剤として紹介されていて日本にも今年登場してきました。

ブリーチだけでなく普通のカラー剤にも使えることは意外に知られていません。

ですのでダメージを気にされている方に幅広くお勧めできる処理剤になています。

THEORDERでも両方テストし様々なケースでテストした結果今はファイバープレックスを採用しています。

実験した結果好みにもよりますが、ツヤ感質感の強さがファイバープレックスの方が強く髪が綺麗に見え、

THEORDERの提案するヘアカラーとの相性がいいので採用しています。

この処理剤を使うことで髪がかなりツヤ感が増しブリーチをしたりしても枝毛キレ毛が少なく、

しかも持続が長いツヤ感が続きます。

決してダメージしないわけでなくブリーチやカラー剤の力を使って一緒にトリートメントを浸透させていくイメージで、

コーティング剤に近いのでトリートメンとは全く別のものになります。

この処理剤のおかげで今までよりも更にハイトーンが綺麗に見えるようになったのは、

かなりブリーチ系ヘアカラーの進化だと思います。


 

実際にファイバープレックスを使ったヘアカラーのビフォーアフター


 

このブログのヘアカラーでも実際にファイバープレックスを使ったケアカラーを掲載しています。

元々の髪質との相性もありますがこんなにツヤが出るの!?というほど髪がつややかになります。

(もともとの髪質やツヤの出やすさの違いも勿論あります。)

ツヤを出したいけど中々でないと悩まれている方にもおすすめです。

実際にどれ位髪につやが出るかをビフォーとアフターを使って紹介していきます。

今回は元々2回ブリーチしているお客様にさらに3回目のブリーチをしてヘアカラーをしていきます。

ちなみに前回のカラーでもファイバープレックスを使用しています。

(毎回やればやるほど髪につやが出やすくなるのも特徴です。)

3回もブリーチしたら髪って大変な事になるイメージですよね。

(ブリーチ以外のコテやパーマのダメージによっても変わってきます。)

そんな髪の状態がどれだけつやつやになるか見ていきます。

img_9875.jpg

実際に2回ブリーチした状態にブリーチをしていきます。

そしてブリーチした状態がこちらです。

img_9867.jpg

ブリーチの時点でこれだけ収まりよくツヤが出ています。

ここから更に色を入れていきます。

そして仕上がりのアフターです。

img_9871.jpg

3回ブリーチしてもこういった感じにこれほどのツヤになります。

(もちろんブローだけはしていますが、このお客様はアイロンを通さなくてもこのツヤ感です。)

ファイバープレックスは先ほど説明したようにツヤ感がしっかりしていて髪が綺麗にしっかりとツヤが出ます。

今回はこのお客様はファイバープレックスのみでトリートメントはしていません

トリートメントとは違いコーティング剤のような位置づけなので、トリートメントと併用すると更にツヤが出ます。

3回のブリーチをしてここまでのツヤ感が出るのは普通にブリーチしても正直難しいです。

アイロンなどをすればツヤが出ますが、このファイバープレックスをしてケアブリーチすれば、

簡単にお家でもツヤのあるヘアカラーが楽しめます。

ツヤ感に悩まれている方にはブリーチ関係なく普通のヘアカラーにも使えますのでお勧めです。

他にも様々なヘアカラーで実際にファイバープレックスをしたお客様の写真もインスタにアップしています。

見てもらうと分かるのですが最近のヘアカラーのお客様はいきなりツヤ感が増しています。

同じ色にはできても髪の素材を大切にしたりダメージを抑える事は、カラーを繰り返すことで大きな変化に変わってきます。

ただヘアカラーの色味を決めるだけでなく、髪のダメージを抑えながらヘアカラーするのが今年の秋冬のオススメです。


 

今回のファイバープレックスを使ったケアブリーチまとめ


 

いかがでしたでしょうか。

今年の2017,2018の秋冬はヘアカラーの色味よりもこういった処理剤が大きな変化の年です。

正直リアルに書くとヘアカラーの色の幅はそこまで変化なく質感などにこだわったヘアカラーが登場していて、

色が変わるというよりダメージを抑えたりツヤ感を出すものに大きな進化が見られます。

色を綺麗に入れながらブリーチカラーを楽しむ時代から、

ツヤ感を出しながら綺麗に髪を見せるブリーチカラーをする時代に変わってきています。

まだ取り扱ているサロンも少ないので、担当の美容師さんに相談したりするのがおススメです。

良かったら参考にしてみて下さいね。