ホワイトブリーチ ケアブリーチ まとめ 2018

ケアブリーチって何が違うの?ケアブリーチを使った2018ヘアカラーまとめ

こんにちはTHEORDERの四宮です。

img_1900.jpg

OLAPLEX(オラプレックス)も発売して半年がたちましたが、

有難い事に取り扱いをして下さっているサロンさんも増えOLAPLEXアンバサダーとして一安心です。

こんな感じに全国でオラプレックスアンバサダーとして活動しています

img_3761.jpg

(元々ブランドもあるし優秀な商品なのでシャンプーなどヘアケア発売に向けもっと知名度が上がると良いな・・・)

と今回は一般の方にも認知され始めたケアブリーチを使ったヘアカラーのまとめです。

このOLAPLEXはケアブリーチと言った使い方が一番有名ですが、

(勿論ブリーチだけでなく通常のヘアカラーでも髪が綺麗になるのは意外に知られていません。)

様々な効果がありますがまだ新しいのでどんな物なの?と何となく知っているけどと言う方も多いかなと。

今回はそんなケアブリーチがどんな物で、ヘアカラーはどんな感じに染まるのかを、

細心のサロンワークのお客様のヘアカラーで紹介していきます。


まずはケアブリーチっていったいどんなもの?


ではおさらいですがケアブリーチがどんなものか説明していきます。

OLAPREX 日本 名古屋

まずケアブリーチと言ってもまず様々なメーカーが存在します。

有名な商品をあげていくと、

  1. OLAPLEX(オラプレックス)

  2. ファイバープレックス

  3. Rブリーチ

  4. スマートボンド

  5. wellaプレックス

など様々なメーカーの商品が存在します。どれも同じ仕上がりではなく成分も違う為それぞれ仕上がりに違いがあったり特徴があります。

ファイバープレックスブリーチ

ちなみにケアブリーチは通常のブリーチとは何が違うかと言うと、

  • 普通にブリーチやヘアカラーをするよりも髪のダメージを抑える効果がある

  • 艶感や手触りを良くしてヘアカラーの仕上がりの綺麗さを上げる

といった効果があるんですね。ダメージを全くなくすのではなくダメージを少なくするといった効果です。

ですのでブリーチなどダメージが多いヘアカラー等に使用すると今までよりも髪に負担を掛けずに髪を明るくヘアカラーを楽しめる訳です。

ですがダメージし過ぎた髪を直すわけではないので、なんでも直せるものでは決してありません。

ただ最近の流行のヘアカラーは1回のブリーチではできないようなヘアカラーも流行しているのでケアブリーチが大活躍と言うわけです。


ケアブリーチを使ったヘアカラーまとめ


今度は実際にケアブリーチを使用したヘアカラーを紹介していきます。

ブリーチを数回繰り返した明るいヘアカラーを中心に紹介していきます。

 ホワイト系のヘアカラーでもこの様に髪質を考えながらケアブリーチする事で髪に艶のあるヘアカラーに仕上がります。

元々の髪のダメージも考慮しながらブリーチできるヘアカラーの回数が決まってきます。

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

ブリーチを4回してホワイトブリーチをした髪に薄いホワイトに仕上げたヘアカラー。

髪の状態が良ければ4回のブリーチも可能になります。しかしホームケアなどのメンテナンスもする事が綺麗な髪を維持する為に必要です。

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

ヘアカラーのバリエーションもホワイトブリーチした髪だと豊富です。  

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

薄い色でも少し色味を足すだけで全然表情が変わるんですね。

四宮 桂佑さん(@keisuke_shinomiya)がシェアした投稿

ケアブリーチはブリーチの回数に関係なく効果がありますので少ないブリーチのヘアカラーから多い回数のヘアカラーまで広く使用できます。

写真の様なナチュラルなヘアカラーだけでも使用できますのでダメージがない方でも、髪質を綺麗に見せたい方にもおすすめです。

 


ケアブリーチの料金や時間ってどれ位かかるの?


ヘアカラーの仕上がりと同じくらいに気になるのは時間や料金です。

img_2357.jpg

一般的にケアブリーチはサロンによって違いますが、

  • 料金は1000~3000円の間で展開している事が多い

  • ブリーチの回数が増えると料金が変わってくる

  • 時間はプラス2~10分程度しか変わらない

と言った感じです。ヘアサロンによってメニューの料金が違うので美容師さんに確認するのをお勧めします。

まだ新しいメニューだし検討中だったりケアブリーチを取り扱いしていないサロンさんも多いので、

ケアブリーチをされているかご予約の際に確認する事もおススメします。

ケアブリーチはないけど他のケアメニューを充実させているサロンさんも沢山あるので、

どんなメニューでケアされた以下は好みの部分もあるので、そこも美容師さんに要相談です。


今回のまとめ


いかがでしたでしょうか。

最近注目されているケアブリーチを中心にブログを書いていきました。

ヘアケアがだけでなくヘアカラーの薬剤もこうやって進化してどんどん髪が綺麗に尚且つ様々な色にツヤを保ちながらヘアカラーを楽しめる様になりました。

そんな魅力的なメニューが増えましたが、やはり髪に無理をしたヘアカラーをしてしまうと髪が傷んでしまいます。

ですのでメニューも含め担当の美容師さんと相談しながら髪型を決めていく事をお勧めします。

ヘアカラーやブログの更新などTwitterやインスタにて更新しています。

 

良かったら参考にしてみて下さいね。