2018 春夏 ヘアカラー ピンク

2018春夏ヘアカラー、OLAPREXのケアブリーチを使ったホワイトピンクグレージュ

こんにちはTHEORDERの四宮です。

img_0724.jpgしばらくはインタビュー写真が気に入ったのでトップ画にこれ使っていきますね。

それはさて置きまして・・・

今回はブリーチを使った淡いホワイトピンクグレージュのヘアカラーの紹介です。


 

2018春夏ヘアカラー、OLAPREXのケアブリーチを使ったホワイトピンクグレージュ


 

2018 春夏 ヘアカラー ピンク

ブリーチを使ったヘアカラーでも難しいと言われる淡いピンク系のヘアカラー。

(どうしてもピンク系はダメージしている髪に定着しにくい為。)素材を守りながら抜けるのを想定してヘアカラーするのがポイントなんですが、

年末から年明けにかけてピンク系をオーダーされるお客様が増えました。

今回はそんなブリーチを使ったホワイトピンクグレージュを紹介していきます。


 

まずはビフォーの状態


 

ではまずお客様のビフォーを見ていきましょう。

img_0719.jpg

前のブリーチが退色して明るくなっている状態です。THEORDERではブリーチをされるお客様だけでなく、

されているお客様のヘアカラーも様々なケースを染めます。

(ブリーチを3回ほど繰り返した状態になります。)

ここから根元はブリーチせずグラデーションで馴染ませ毛先のブリーチ部分は淡いピンクグレージュにしていきます。

(毎回ブリーチしなくてもこういったヘアカラーをキープする提案もしています。)

ではここでピンク系のヘアカラーのポイントです。

  • ホワイトブリーチをするが色が流れないように髪の素材を壊さないようにする

  • 素材に染まりにくい程ダメージがあるなら髪をケアしたりカットを考慮しながら土台を作る

  • 抜けるのを前提で濃いめに染めたりして色の濃さを調整する

  • 髪の黄色が濃い方は紫を足して黄ばみを抑える

  • 薄いヘアカラーにしたい場合はピンクのカラーシャンプーなどを併用し色持ちをキープする

等がポイントとなります。

素材を壊さないように希望の明るさまでブリーチを繰り返すのですが、

これがかなり難しいです。(ダメージはヘアカラーだけでなくコテなどもあり、長くなればなるほど蓄積されるため。)

その為元々のダメージがある方はカットや素材を整えてヘアカラーをしていきます。

毛先がダメージでピンクが染まりにくい場合でも、あえて毛先を薄く白っぽくするなどのデザインで活かすなど、

方法はいくらでもあるので美容師さんとしっかり相談するのもポイントです。

退色は淡くすればするほど早いですが、紫寄りにしてあげれば抜けてもオレンジっぽくならずホワイトグレージュの様に退色します。

なので淡くしても綺麗に抜けるのでお勧めなのと、今はカラタスやN・等のカラーシャンプーのピンクが優秀なので、

img_0399.jpg

そういったヘアケアをするのもおススメです。

では仕上がりを見ていきましょう


 

ホワイトピンクグレージュの仕上がり


 

ではこちらが仕上がりになります。

ホワイトブリーチ ピンクグレージュ

あわい透明感のあるホワイトピンクグレージュに染まりました。

透け感があり光や自然光に当たると綺麗な淡さがでます。ピンク特有のツヤ感もこのカラーの特徴です。

他のお客様のバージョンでは更に淡く染めたこういった色味などピンクのバリエーションも様々です。

 

少し紫よりのヘアカラーから赤味寄りのヘアカラーまでバリエーションは豊富ですし、

2018春先に向けてこういったヘアカラーもおススメです。

やはりここでも重要なのがしっかりとピンクが定着する髪の状態を作るという事です。

いくら綺麗に染めても元々ピンクが定着しにくいようでしたら髪をケアしながらこういったヘアカラーにしていくのも大切ですし、

次にお勧めするケアブリーチなどで質感やつやを出しながら髪を綺麗に見せるのもおススメです。


 

ダメージに合わせて使用するオラプレックスのケアブリーチ


 

あとお勧めしているのがヘアカラーやブリーチと同士にするオラプレックスを使用したケアブリーチやケアカラーです。

OLAPREX 日本 名古屋このオラプレックスはブリーチやヘアカラーと同時にする事で髪を更に艶やかに手触りの良い質感に仕上げてくれます。

(海外のオラプレックスのインスタなどを見るとどういった仕上がりになるか紹介してあります。)

ハイトーンのヘアカラーはやはりケアやコンデションを保つのがとても大変ですが、

こういったケアブリーチを使う事で今までよりも綺麗な艶感のあるヘアカラーが楽しめるようになりました。

ブリーチだけでなく普通のヘアカラーにも効果がありおススメです。

まだ一部の先行サロンでしか体験できませんが、

全国販売も2月になり近くなっているのでブログを読んでいる方の近くのサロンでも取り入れるサロンさんが増えてくるので、

ハイトーンをしたいけどダメージを気にされている方におススメです。


 

今回のまとめ


 

いかがでしたでしょうか。

やはり王道ですが可愛いピンク系のヘアカラーでしたが、

まだ1月ですがヘアカラーは少しづつ春先どりのヘアカラーもおススメになってます。

新色のカラー剤なども発売され更にバリエーションも豊富に様々なヘアカラーが誕生します。

今年はこの様にビフォーアフターでヘアカラーを紹介したり、更に分かりやすくヘアスタイルを紹介していきますので、

良かったら参考にして下さいね。