img_0481.jpg

入社前のオンラインを使った新人教育と今後の美容師の時短の働き方合わせたオンライン活用

来年の春にTHEORDERも2人の新卒の新入社員が入社します。

今回はそんな新入社員の1人から出たこんな事を言われました。

(入社前に練習会をしたいのですが・・・いつ行けばいいですか?)

やる気あるなぁ!?と思ったんですが、

しかし今年入社するスタッフは関西と関東と言う県外からの入社する2人なのです。

入社前の美容師の練習はどういったものなのか


 

僕が学生時代はインターンがありサロンに行かせて頂いて現場で色々な雑用をしながら勉強するという形でした。

学生時代から掃除や片付けしかできないのに、色々と先輩たちが教えてくれた事が嬉しくて、

一生懸命夏休みなどにインターンをしていたのを覚えています。

入社前から希望者を募って事前に練習会をするのは美容室ではよくある事です。

学校の勉強とサロンで学べることは違うので、より実践に向けた練習を教えます。

(学校は国家試験がメインなのでその勉強を中心にします。最近ではそれ以外の授業も学校によっては豊富になりました。)

基本的に入社前の練習は入社した時に戦力として働けるスタッフの育成に繋がり、

最初掃き掃除や雑用しかできない期間を減らし生産性の低下を防ぎます。

(入社前の練習は学校や生活との両立があるのと労働に当たるので強制はあまりしないのが一般的です。)

しかし今回は県外からという事で交通費だけでのかなりのお金と時間がかかります。

そうやって練習に来てくれるのは嬉しい反面そんな名古屋にくるお金があったら他の場所に行って色々な物を見たり、

学生時代にしかできないこと等にお金を使ってくれた方が良いとも思いました。

でもそのやる気は無駄にしたくないなという事で始めたのがオンラインでの学習でした。

今の時代スマホ1台あれば簡単に何でもできる


 

僕が考えたのはこうです。

  1. 重要な伝達事項はLINEのフェイスカメラでみんなでオンライン会議
  2. 技術は全て動画で撮影し、フェイスブックグループで共有
  3. LINEで勉強して欲しいことはリンクで共有
  4. 技術は1人でできるカリキュラムを先にやってオンラインで教える
  5. SNSなどは学生時代からできるから発信の課題を出す

なんて感じに距離が離れていてもできる事をやってみました。

パワポの資料でいつでも会議した事を見直せたり、動画学習も上手く使えばいつでも技術を確認できます。

スマホが触れれば学習できるわけですし、これなら機材などもいらず誰でもできます。

SNSやITを上手く使えば距離が離れていても美容と言う仕事に活かせます。

このちょっとした時間に学習できたり練習できるのは教える側も便利だと感じました。

自分が情報収集して社員と素早く共有し教育に活かす


 

サロンでもLINEを使ってSNSなどで情報収集したものを教育で使っています。

この情報収集力もSNSを使いこなす上で重要なスキルですし、

発信ばかりがSNSと思われがちですが、有益な情報を見つけまた再構築して発信する。

そのスキルもSNSや発信するにあたって重要なのです。

発信が苦手でもキュレーションできるスキルのある美容師がいても良いですし、

これからの働き方での一つの形だと。

これから時短社員や美容師を働きやすくする1つの形


 

いかがでしたでしょうか。

こんな事しなくても別に会議とか練習できるしと思っていても、時代の流れは変わってきています。

こういっ活用は当たり前の様にされているサロンも多いと思いますが、

これからの時代時短で働く美容師さんや介護や育児をしながらの美容師には時間はとても大切です。

ITがその働き方を後押ししてくれますし使わないと勿体ないです。

これからの時代に合わせ働き方をサポートしてくれるこういった使い方がどのサロンでも当たり前になるんだろうなと感じます。