img_8208-2.jpg

アプリエカラーを綺麗に染める為に絶対にハズしてはいけない2つのポイント

こんにちはTHEORDER四宮です。

こないだ人生初のライブに行ってきました。

エゴラッピンのライブに行ってきたのですが、

何もかも初めてすぎてグッズを買うタイミングを見失ったままドリンクのコップすら捨てるタイミングすら見失いました。

隣の方が親切でホント助かりました・・・なので営業はしばらくこちらのライブTシャツですw

それはさて置きまして、

今回はアプリエカラーを紹介しながら使いこなすポイントをまとめていきたいと思います。

アプリエ使ってみて結構難しいって評判よく聞くんですよね。

前にブログでも書いたんですがPCパウダーやカラー剤が11LVからスタートしているので、明度コントロールが少しややこしかったりと今迄のカラー剤と勝手が違う所はありますが、

ちゃんと使い方を知ってから使ってみると、

実は、

アプリエカラーがめちゃくちゃ使いやすいんですよ!!

今の所半分のお客様がアプリエカラーで染めてますね。しばらくアプリエカラーを提案しようかなと思います。

そんなアプリエカラーを実際に使ってみての使いこなすポイントを今回は説明していきたいと思います。

アプリエの使い方の説明だけでなく一般の方目線でヘアカラーも紹介していこうかなと思います。

PCパウダーはどんな選定でも混ぜた方が絶対綺麗に染まる


 

この明るく透明感がでるポイントのPCパウダーですが、アンダーを削らなくても良い場合って入れなくても良いかなとか入れたら明るくなっちゃわない?て思うかなと思います。

アプリエってトーンアップの明るい色のイメージがあると思いますが、トーンダウンでも全然色が綺麗に染まってくれます。むしろ営業ではトーンダウンに使う事の方が多いですから。

暗くても透明感がでるので明るいだけが得意なカラー剤じゃないんですね。

なのでトーンダウンの時はPCパウダーって必要ないんじゃないの?て思いますよね。

ですが。

トーンダウンの場合でも絶対に入れる事をオススメします。

メーカーでも入れる様にパンフレットに書いてありますが、入れないとどの様な事がおきるでしょうか。

アンダーの削りが変わってくるから透明感が変わってきてしまう

PCパウダーは地毛のメラニンを削る役割があります。オキシの2%でも少しのリタッチならリフトしてくれるので、入れないとアンダーの削る量が変わってきてしまいます。

なので仕上がりの透明感が変わってきてしまうんですね。根本と毛先で薬を塗り分けた時に片方にPCパウダーを入れた場合などに光に透かすと透け感が変わってしまいます。

ちなみにACを入れても多少のリタッチは明るくなります。

なのでPCパウダーはほぼ100%薬剤に入れ選定しています。

15LVのオキシ6%が意外に薄くて色が出ない


 

あとこれが1番大きなポイントだと思うんですが、暗い髪からのトーンアップの際に意外に彩度が出なくて黄色っぽくトーンアップしてしまう所です。

アプリエカラーも流石に万能ではないので見本のチャート通りにはならないので、

(チャートとの色のズレはナイロンと人毛の違いやメラニンや髪質の違いなどどのメーカーでもある事。)

これはメーカーさんにケンカを売っている訳ではなくどのメーカーでもある普通の事です。


こういったヘアカラーがブリーチしてない状態からホント染まります。これも11LVミックスです。

ちなみに2%やトーンダウンの場合はしっかり入ります。むしろスタートが明るいと15LVでも濃いです。
なので尚更一回毛束やモデルやスタッフでテストする事をオススメします。

このトーンアップの15LVが薄い問題は、

コントロールカラーと11LVの薬剤ミックスで対応しています。

大体11LVをミックスして濃くすればこの問題は解決できるのと、それでも足りない場合はコントロールカラーがありますから問題ないです。

トーンダウンしたいのに11LVが薄いって場合は、そもそもアプリエの得意じゃない所を無理にアプリエで染める事ないのでプロマスターが他のメーカー使った方が良いです。

今回のアプリエカラーの使いこなしまとめ


 

今回はアプリエカラーの絶対ハズしてはいけない2つのポイントを書いていきました。

(非公式でバンバン書いてるから怒られないかな…メーカーから仕事こんかなぁ〜w)

僕は何より色味だけでなく、

アプリエの仕上がりの手触りと透明感が他のメーカーに出せない仕上がりになって好きです。

色々な選定を試して染めてるんですが、結構どの色も好きですね。

このツルツルな仕上がりは他のメーカーとはまた違った良さがあるかなと。

(カラーを塗っているタイミングで分かります。)

後はPCパウダーのミックスのネタやACケアージュの他のメーカーとのミックスなどこの二つの使いこなしなどネタが色々あるのですがそれはまた今度。

良かったら参考にしてみて下さいね。