グレイカラー 明るい

白髪が気になるけど活かすにはどうしたら良いの?白髪を活かすヘアカラー。

白髪と言うより生え際が死活問題の四宮です。

悟りを開き受け入れていきたいと思います。

それは置いといて、

今回は白髪を活かしたヘアカラーの紹介です。

年齢と共に増え始めるのが白髪ですが、

ある程度白髪の方が増えた時にずっと暗めかしっかり目に染めていた方は、

白髪を活かしたヘアカラーってどんな感じなんだろう?今のヘアサロンでも可能なのか?

などやってみた事が無い方は不安なども多いと思います。

今回はそんな白髪を活かしたヘアカラーって実際はどうなんだろう?

と言う所を説明していきたいと思います。

白髪を活かしたヘアカラーのメリットってなに?


 

では実際に明るめのグレイカラーにするとどんなことが変わるのでしょうか?

ポイントを説明していきます。

  • 根元が伸びてきた時に境目が目立たない

  • ブリーチをせずに淡い色や鮮やかヘアカラーが楽しめる

  • 根元が目立ちにくいのですぐヘアカラーが染めなくていい

  • 明るめで濁りがないヘアカラーを楽しめるので顔色が良く見える

などここに書いていない物もあり、様々なメリットがあります。

暗めにしていてると意外に根元が3週間で白髪が気になったりします。

そうするとマメに染めたいけど忙しく美容院に中々行けない方だと気になりますよね。

他にも明るい色はボリュームがあるように見えますので、

ふんわりとヘアスタイルを見せたい方や、毛量を多く見せたい方にもオススメです。

実際に白髪を活かしたヘアカラーのお客様。


 

では実際に白髪を活かしたぽ客様のビフォーとアフターです。

白髪 活かす ヘアカラー

まずはこの伸びた根元のリタッチを普通のカラー剤を使って馴染ませていきます。

グレイカラーを明るくして使う場合もありますが

色の残留の抜けるスピードも計算してカラー剤を調整します。

今回は根元のリタッチと、毛先は綺麗に色が残っていたので、

色味のミドルライトでピンクの淡いマニキュアを入れて色味をほんのり変えました。

アフターはこんな感じになりました。

グレイカラー 明るい

毛先に細かいピンクを利かせ、根元はこんな感じにしっかりと染まっています。

根元 目立たない 白髪

暗めより伸びてきても目元が目立たないのは根元も色が少しづつ抜け境目がぼけるのもあるんですね。

明るいヘアカラーだとこういったピンク以外にも様々な淡い色味が楽しめます。

今回のヘアカラーのまとめ


 

今回は白髪を活かしたヘアカラーを説明していきました。

THEORDERでは様々な白髪に対してのヘアカラーを提案しています。

人によって髪質や白髪の量なども様々ですから、しっかりと担当の美容師さんと相談しながら決める事をオススメします。

もしこういったヘアカラーで悩まれていたら参考にしてみて下さいね。